兵庫県」カテゴリーアーカイブ

看護師、被災者ケア担う 阪神で先駆けた兵庫の協会 – 日本経済新聞

日本経済新聞看護師、被災者ケア担う 阪神で先駆けた兵庫の協会日本経済新聞阪神大震災で兵庫県看護協会が先駆けとなった、看護師が被災者のもとに赴く活動が存在感を増している。災害復興公営住宅を訪れて行う健康相談は、高齢化が進む住民同士をつなぐ役割を果たす。一方、被災直後に現場へ駆け付ける「災害支援ナース」の全国の登録者はここ8年で2倍近くに増えた。同協会 …and more »… 続きを読む

カテゴリー: 兵庫県 | 看護師、被災者ケア担う 阪神で先駆けた兵庫の協会 – 日本経済新聞 はコメントを受け付けていません。

記念碑は断る方針、兵庫・芦屋「浜風の家」 – 産経ニュース

記念碑は断る方針、兵庫・芦屋「浜風の家」産経ニュース昨年12月に閉館した兵庫県芦屋市の児童館「浜風の家」を運営する社会福祉法人は17日、会合を開き、兵庫県が検討を表明した記念碑の設置を断る方針を確認した。公金を使うことを懸念する意見が出たという。 浜風の家は、阪神大震災の遺児をケアする目的で作家の故藤本義一さんらの呼び掛けで設立。土地は兵 …… 続きを読む

カテゴリー: 兵庫県 | 記念碑は断る方針、兵庫・芦屋「浜風の家」 – 産経ニュース はコメントを受け付けていません。

阪神大震災23年 兵庫県各地 雨の中黙とう – 東京新聞

東京新聞阪神大震災23年 兵庫県各地 雨の中黙とう東京新聞静寂に包まれた暗闇に、雨音が響く。阪神大震災から二十三年となった十七日午前五時四十六分、兵庫県内の各被災地に集まった人々は発生時刻に合わせて犠牲者を悼んだ。「生きていてほしかった」。いまだに癒えることのない悲しみを分かち合った。 神戸市中央区の東遊園地には約七千本の竹灯籠が並 …阪神・淡路大震災からきょうで23年NHK【日本】 阪神・淡路大震災から23年TRT 日本語阪神大震災から23年 「1・17のつどい」午前5時46分に黙禱ハフィント… 続きを読む

カテゴリー: 兵庫県 | 阪神大震災23年 兵庫県各地 雨の中黙とう – 東京新聞 はコメントを受け付けていません。

県庁周辺再整備を本格検討へ 兵庫知事が意欲 – 日本経済新聞

日本経済新聞県庁周辺再整備を本格検討へ 兵庫知事が意欲日本経済新聞兵庫県は7月に迎える県政150周年の記念事業として、JR元町駅(神戸市)に近い県庁周辺の再整備に乗り出す。県庁舎が老朽化していることから周囲の県有地などと合わせた一帯の再編を検討。空いたスペースに高級ホテルなどを誘致する構想が浮上している。 井戸敏三知事は日本経済新聞のインタビューで …and more »… 続きを読む

カテゴリー: 兵庫県 | 県庁周辺再整備を本格検討へ 兵庫知事が意欲 – 日本経済新聞 はコメントを受け付けていません。